学習会、集会、イベント情報  本文へジャンプ
今後の全国大会日程
◆第54回全国大会(北海道) 2020年9月12日(土)、13日(日) 旭川市内
◆第55回全国大会(静岡) 2021年8月7日(土)、8日(日) 浜松市内

NPO発達保障研究センター
教育と保育のための発達診断セミナー(群馬) 案内(PDF)  申込書
2019年12月8日(日)/群馬県社会福祉総合センター

教育と保育のための発達診断セミナー(高知) 案内(PDF)  申込書
2020年1月26日(日)/高知大学物部キャンパス

養護学校義務制40年 いまこそ障害児の教育権を問う全国集会   案内チラシ
2019年11月25日(月)13時30分~16時00分
会場 国会議員会館
 「障害があっても学校に行ける」 ――今年2019年は、養護学校の義務教育制度が始まってちょうど40年の記念の年です。1979年は学校がつくられ、教育における平等のスタートラインについた年です。
40年の間に、たゆまぬ要求運動によって子どもに合った教育が創造され、発達を保障するための条件整備がすすめられてきました。学校教育で蓄えられた力は、卒業後の働く場や生活の場をつくることや放課後生活をゆたかにすることの土台になっています。
しかし、2019年のいま、学校でも、社会でも、子どもの育つ権利が侵害されかねない現状が広がっています。義務制40年を契機として、障害児教育の発展にむけて話し合うつどいにふるってご参加ください。
基調報告/越野和之(全障研)
映像でふりかえる「不就学」と「学校」
リレートーク=①中内福成(障全協)わが子が学校に行けた、
②きょうされん:「働くなかでたくましく」の基礎をつくった学校、現在の課題、
③佐竹葉子(全教)権利としての教育のいま
コーディネータ=藤井克徳(きょうされん)・中村尚子(全障研)
特別報告/薗部英夫(全障研)障害者権利条約のいま パラレポと「事前質問事項」後の課題
フロア発言とディスカッション
  まとめ/藤井克徳

愛知支部発達保障実践講座
11月24日(日)午前10時~午後4時15分 
労働会館本館2F会議室 
実践編 講演「人間らしい暮らしを実現していくために」篠崎秀一(みぬま福祉会)
理論編 講師/近藤直子(あいち障害者センター) 
参加費/一般3500円 
問い合わせ/ninnega.aichi@gmail.com

兵庫支部秋の講座
11月17日(日)午前10時~午後4時 
神戸市勤労会館308号室 
「120分でわかる!(かもしれない)0歳から10歳の発達」赤木和重(神戸大学)
・「ゼロから学ぶ障害のある子ども・若者のセクシュアリティ」伊藤修毅(日本福祉大学)
+グループトーク 
一般2000円 
問い合わせ/Emaii:hhyozen@gmail.com

発達保障講座inえひめ
12月22日(日)午前10時~午後3時半 
コムズ(松山市男女共同参画推進センター)5F大会議室 
講演「自閉スペクトラム症児者の心の理解」別府哲(岐阜大学) 
参加費/会員1000円、一般2000円、障害者・学生500円 
主催・問い合わせ/全障研愛媛支部 089・964・3936(青木方)

全国発達支援通園事業連絡協議会全国大会in埼玉
 11月16日(土)~17日(日) 
16日:大宮ソニックシティ市民ホール 
記念講演「よく遊び、よく食べ、よく眠る」加々見ちづ子 
17日:浦和コミュニティセンター多目的ホール 
問い合わせ・同協議会 052・782・3388(ぽけっと内)  

自閉スペクトラム症講座
11月17日(日)午後1時半~4時 
大阪市立中央区民センター 
テーマ/自閉スペクトラム症および「強度行動障害」の理解と発達保障 
講師/三木裕和(鳥取大学) 
参加費/一般2500円 
問い合わせ/06・6964・0703(ぽぽろ)

映画「ゆうやけ子どもクラブ!」
11月30日(土)~12月13(金) 
名古屋上映・シネマスコーレ 052・452・6036
横浜上映・シネマジャック&ベティ 045・243・9800 
全国共通特別鑑賞券1300円(当日一般1700円) 
問い合わせ/井手商店映画部 03・6383・4472

全国放課後連研修会in福井 
12月1日(日)午前10時半~午後4時半 
福井市地域交流プラザ 
講演「障害・発達と子どもの理解~・基本・をとらえなおす」丸山啓史(京都教育大学) 
分科会/・職員の成長を考える・豊かな実践を考える 
受講料/一般4000円 定員100名 
問い合わせ/同連絡会 03・3635・6301(江東ウィズまつぼっくり子ども教室内) 

JDF全国フォーラム
障害者権利条約の完全実施をめざして
~2020年の審査・勧告でどう変わる、私たちの暮らし~
12月5日(木)10:00~16:40
ベルサール東京日本橋 5階Room4+5
基調講演 テレジア・デゲナー(前国連・障害者権利委員会委員長)
JDF障害者権利条約「パラレルレポート」の作成と「建設的対話」に向けた取り組み
    国連・障害者権利委員会の最新動向 石川准(障害者権利委員会副委員長)
パネルディスカッション 各分野の取り組み・試み ~私たちの暮らしを変えるために
  https://www.normanet.ne.jp/~jdf/seminar/20191205/

全国専攻科(特別ニーズ教育)研究集会inなら 
12月7日(土)~8日(日) 
奈良県社会福祉総合センター・橿原市立かしはら万葉ホール 
1日目:対談「特別支援学校専攻科の設置を考える」前川喜平(元文科事務次官)・田中良三(全専研会長) 
報告/大阪の福祉型専攻科の実践と運動  
2日目:分科会/福祉型専攻科の実践・学校専攻科の実践・大学・生涯学習・保護者と語り合う・青年たちが語り合う 青年講座「見たい!知りたい!発見したい!」 
参加費/一般4000円 
問い合わせ/事務局 Email:zensenken2004@gmail.com

東久留米の障害者福祉を語る市民のつどい2019
12月8日(日)13:30~16:00
東久留米市・さいわい福祉センター
   報告
1)北欧+国連の最近情報=薗部英夫(日本障害者協議会副代表・全障研副委員長・前沢2)
2)日本の障害者をとりまく情勢と課題=多田薫(きょうされん事務局長・中央町)
3)東久留米の障害者この一年=磯部光孝(イリアンソス理事長)
4)子どもの発達めぐる状況=吉田文子(わかくさ学園・滝山5)他
茶菓子・飲み物代=200円
問合先 薗部英夫 kinbe@nginet.or.jp

2019.11.11
もどる TOPへもどる