障害者をしめ出す社会は弱くもろい
 
  藤井克徳
(日本障害者協議会代表、日本障害フォーラム副代表、きょうされん専務理事)
   定価1500円+税  ISBN978-4-88134-595-5 C3036  2017.8.15
■ 
 目次

 はじめに

 1 なお続く”この国に生まれた不幸”
 2 戦争と障害者
 3 障害児の全員就学と地域での運動起こし
 4 エネルギー不滅の法則
 5 地域で創り、全国とつながりながら
 6 津久井やまゆり園での殺傷事件に思う −「特異な事件」だけでは済まされない
      詩@ もっと生きたかった
 7 抱きしめたい障害者権利条約
      障害者権利条約条文
      詩A 恥をかかせないで
 8 天国の先輩からも大きな拍手
 9 運動は他者を変え、そして自分をも
 10 あそこまではやれた私たちの国
 11 憲法ずっとはこれからも そして安心保障を
      詩B わすれないで
 12 災害大国と障害のある人
 13 新たな政策潮流と運動の課題 −「我が事・丸ごと」政策の本質をどうみるか
     詩C 裏切らない

 ターニングポイント発言録
  @参考人意見陳述 第162回国会 衆議院厚生労働委員会 2005年5月17日
  A参考人意見陳述 第185回国会 参議員外交防衛委員会 2013年11月28日
  B国連第7回障害者権利条約締約国会議 我が国発言骨子 2014年6月10日
  C国連第7回障害者権利条約締約国会議 ラウンドテーブル 2014年6月11日
  D障害者自立支援法違憲訴訟原告団・弁護団と国(厚生労働省)との
    基本合意文書 2010年1月7日

 おわりに

「しんぶん赤旗」2017.9.10
 ふじい かつのり 大きな画像

◆「みんなのねがい」9月号 BOOK
 「みんなのねがい」好評連載「この国に生まれてよかった この時代に生きてよかった」。それに「我が事丸ごと」政策、災害と障害者の二章を書き下ろし、障害者権利条約めぐっての国会や国連での「ターニングポイント発言録」も加わりました。今日の障害者問題の本質にせまる13タイトルですが、読者とのキャッチボールを楽しむようなエッセイ風で、読みやすく、わかりやすく、深く学べます。
 理不尽な「就学猶予・免除」。障害児の全員就学と地域での運動起こしを体験し卒業後の働く場=共同作業所づくりへ。「環境によって障害は重くも軽くもなる」「運動は裏切らない」と、悪法・自立支援法や制度改革推進会議、権利条約批准とその実現めざします。相模原殺傷事件、障害者と戦争、憲法の課題整理も参考になります。みんなと学ぶ学習会に最適の一冊です。


<読書感想から>

■上田敏(医学者)さん
 内容はもちろんながら、いつもながらの藤井さんの説得的で、ひそかなユーモアを交えた語り口を楽しみました。特にある一つのテーマについて論じた最後に、そのエッセンスをひとことでまとめることのうまいことにはいつも感服します。

■永塚友啓(税理士)さん
 今、障害のある人の暮らしぶりは、流れが変わろうとしている。象徴的なキーワードとして「優生思想」「排外主義」が国の内外で顕在化してきているという。
 その根底にあるのが、基本的人権の否定・軽視。こうした中で、今こそ「障害者権利条約」が私たちの北極星としてひときわ輝いている。地道で真摯な運動を絶やさず、この条約の根本を実現しようと呼びかける。
 ドイツでは戦争中に障害者が次々と抹殺されていた。日本でも障害者がなきものとして扱われていた時代があった。そうした中から、障害を持つ子供たちに教育を受ける権利を保障する運動、働く権利を保障する共同作業所の活動などを通じて、障害がある人たちの人権を認めさせてきた藤井さんたちの運動の軌跡、凄いエネルギーを感じる。
 いくつもの宝石のような言葉がちりばめられている。実践の中からしか生まれない。 「エネルギー不滅の法則」「できない理由を上げるのではなく、できるためにどうするか」「安心保障を」「活気の根っこは運動」・・・たくさん並べることができる。様々な場面でこうした考え方は役に立つ。


■東京 K・Uさん
 障害分野について、この20年ほどの状況や運動の果たしてきた役割などが大きくまとまっている本とお聞きしたので時間をかけて読みました。本書中のあとがきにある通り、つながりのきっかけになればという思いで職場の人と一緒に読書会も開きました。
 特に印象に残っているのは、1章で提起される障害を社会モデルでとらえるという視点です。機能障害の改善に重心を置く医学モデルと同時に、人の態度や物理面・法制面での社会的障壁といった環境に重心を置く社会モデルで考えていくことによってこそ、障害の問題が解決されるとあります。そして人為的に生まれる、環境の問題を解決するためのものとして、運動の役割が語られています。
 一貫してこの視点を意識して本書を読み、読書会でいろいろな人の話を聞いていくなかで自分の仕事や運動の意味をかえりみると、たくさんの気づきがありました。それは、もちろん障害当事者と直接向き合い支援することも大切ですが、それと同じように、署名を集めたり集会に参加したりすることも、障害のある人たちが人間らしく働くこと、暮らすこと、そして生きることを支えるものだということです。
 この本をきっかけに、「権利条約」「基本合意文書」「骨格提言」などを読むこと、それと合わせてこれまでの障害者運動がどんな思いで、どんなことをしてきたのか、どういう成果があったのかといった歴史を学んでみたいと思いました。それを踏まえ、本書も読み返しながら、これからどんな社会を目ざすのか、そのために自分に何ができるか考えていきたいです。


■大阪 ひびき福祉会 塩田千恵子さん
 はじめにと終わりにを含めて全部で15章からなる本著は、それぞれが独立した内容ながら、そこに流れているものの一貫性を深く読み取ることができる。
 ひとつはこの国が障害者を一人の人間として扱ってこなかった、その歴史である。長い間、学ぶ権利、働く権利を奪われ、そして戦争や災害にあたっては、真っ先に生きる権利もをないがしろにされてきた障害のある人たち。そして「この国に生まれてきた不幸」はなお続き、「自己責任」「効率性」が強調される世の中にあっては、息をひそめて暮らさざるを得ない姿が具体的事実と共に語られていく。
 しかし読み進めながら受ける印象は、先の見えない暗いものではない。それどころか、そのような中でも「どっこい生きてきた」著者と、運動の力のしなやかでぶれない姿勢が迫ってくる。
 先日ある講演会で、戒能通孝という法学者が「生存権は物取りではない」「貧しさは恥ではないが、貧しさと戦わないことは恥である」と述べていたという話をきいた。
 本著で述べられている様々な障害者運動は、たたかうことで生存権を物取りではない真の権利として高め、障害のある人を権利の主体として認めさせてきた過程なのだと実感する。
 そして本著にちりばめられている著者が作った詩は、障害者運動がヒューマニズムに満ちた暖かいものであることを伝えてくれる。運動の出発点は、権利を侵害された障害者一人一人のよりよい人生を求めていくものであることや、人とのつながりを広げながら運動を進めていく大切さを、著者の暖かさから深く学ぶことができる。いつも手元に置いておきたい1冊である。


■大阪 H・Yさん
 入職23年目、法人内でも後輩の方が圧倒的に多い世代となりました。この世代の役割として先輩が行なってきた偉業ともいえる「運動・事業」を歴史的事実としてだけでなく、その中にこめられた思い(何のために?まずは障害者、そして今を生きる人々が幸せになるために)を後輩に伝えていく責任があります。私たち世代は目の前でその「運動・事業」を一緒に体感してきたので、リアルな経験として積み上げることができましたが、今の若い職員はそうはいきません。できるだけ分かりやすく今の感覚で伝わるように努力をするものの同じレベルで共感することはかなり困難です。
 しかしこの本を読むと自分が伝えようとしていたことが、その時代やその場面で藤井さんが感じた事として、(おそらく私たちが感じる)最大公約数の短い言葉で表現されています。
 そしてつねに障害のある人を中心にしながら、その周りやその先までどのように共に幸せづくりにとりくむのかを、スッキリと見通せる展開が、理屈だけでなく実際に行なわれている「運動・事業」実践として語られているところは、その説得力から自分が1年目に戻って一から見ているように思えてしまいます。
 ぜひ若い職員だけでなくベテラン職員も一読し、ベテランは自分たちの経験をもう一度ふりかえり、若い人に語って欲しいと思います。そして若い職員は「昔話」と終わらさず、その先輩の経験の上に新たな道を見据えることができれば素晴らしいと思います。「今では当たり前だが当時は…」とふりかえる場面がありますが、今から30年後40年後「今でこそ当たり前」と言えるものが生み出せるのか。藤井さんをはじめとする先輩の思いを後輩に引き継いでいった結果がそうなると信じて、しっかり「運動・事業」に責任を持って活動していきたいと思いました。
 この本の底流にある「平和」への思い、「我々は戦争察知請負人」とありましたが戦争を食い止め平和な世界をつくり続ける力が障害者運動でもあると改めて強く感じ、これも伝えていかなければならない重要な点であると後輩たちと共感しながら活動していこうと決意させられました。

■スウェーデン・ルンド大学大学院 紅山綾香(弁護士)さん
 薗部さんが9月の北欧視察旅行の際、藤井克徳さんの著書「障害者をしめ出す社会は弱くもろい」をお土産に持ってきてくれました。津久井やまゆり園事件の被疑者に見られる優生思想と、障害者を大量虐殺したナチスドイツのT4作戦の連関にはじまり、藤井さんのこれまでの障害者の権利実現のための活動経験に基づいた「運動」の大切さが語られています。運動は「説得力を備えた他者への働きかけ」で、常に「誰のため」かを問うものであり、そして、働きかけは「そういうあなたは」と自分に帰ってくる。藤井さんの常にポジティブで歯切れのよい語り口調がそのまま聞こえてくるようです。
 最近、「Evidence for Hope: Making Human Rights Work in the 21st Century」という本も読んだのですが、その著者Kathryn Sikkinkは、人権活動家や学者が人権の有効性に懐疑的になる理由を、”理想との比較”、つまり、現状と理想を比較して人権は理想の実現に対して効果がないと結論づけることが原因だと分析しています。 
 私も弁護団員として参加した障害者自立支援法訴訟が基本合意の締結で終結したあとの政府の対応は、訴訟団にとって決して納得のいくものではありませんでした。当事者が基本合意にかけた期待が裏切られたと感じて、私は当時ある種の敗北感と責任感を抱いていました。しかし、当時から藤井さんはポジティブなスタンスを変えることなく、基本合意、骨格提言を掲げて、「あきらめない」姿勢を貫いていました。
  ”Evidence for Hope”の著者Sikkinkは人権の有効性の判断について、理想との比較ではなく、実証的データによる過去との、また同時代の別の地域との比較が重要だと強調しています。藤井さんのあきらめない姿勢も、活動の履歴を振り返り、何がどこまで進んだのか、一つ一つ確認する作業により、次に目指すべき目標を定めていることから支えられているのではないかと感じました。
 私が今やっている国際人権法の勉強は、世界中の解決されていない問題を発見しつづける過程ともいえるのですが、実証的に、人権規範とその実施メカニズムを使って何ができるのかについて、もう少し勉強していきたいと考えています。


ご注文はオンライン・カートオンラインショップへ(まとめて5000円以上は送料無料)   セブンネット  

■ もどる