発達診断セミナー2022 申込受付中!

全国障害者問題研究会は、50年余の研究のなかで、子どもや障害のある人々の発達への願いを理解するための方法を探究してきました。その一つが「発達診断」です
一般に「発達テスト」は、「できた―できない」を判別したり、発達年齢や発達指数を算出するものです。しかし、そういった指標からは、子どもの発達への願いやそこにある葛藤や意志を理解することはできません。私たちは、子どもの試行錯誤や失敗の中にも大切な「発達の芽」を見抜く視点で「発達診断」を独自に創ってきました
私たちはいつも子どもに「寄り添う」存在として、その思い、願い、苦悩を理解し、心を支えていこうと願っています。しかし、「寄り添う」はむずかしいことであり、子どものことを本当に理解できているのかと、自らに問いかけなければならないこともあるでしょう。そのおとな自身の発達の矛盾から目を逸らさずに、視点を子どもの側に転じて、子どもの「本当のこと」を問いかけてみたいと思います
そのとき発達の視点は、子どもの一歩深いところにあるものに近づくための門口に、私たちを立たせてくれるはずです。

詳細案内、参加申込はここをクリックください

「みんなのねがい」今月の読みどころ

「みんなのねがい」2月号が完成しました!

特集は「新型コロナ禍から2年 ~これまでとこれから」。
みんなのねがいでは今号が3回目となる新型コロナ関連の特集ですが、今回は改めてこの2年間で子どもや親が受けている影響や、当事者の立場から感じていることを振り返ってもらいました。また、施設で暮らす子どもたちの様子や保健所業務についての報告もあります。
未だ収束の見通しは立っていない状況ですが、これまでをしっかりと振り返り、これからのことを考え合うきっかけにしたいと思います。
京都大学人文科学研究所の藤原辰史さんの寄稿も必読です。

詳しくは2月号ページ

マガジン「みんなのねがい」も充実しています

「みんなのねがい」見本誌(無料)ご希望は以下のボタンへ

 

みんなのねがいインターネットTV