みんなのねがい

障害者の権利を守り、発達を保障するために

毎月16日発売 1970年創刊  


教育方針イメージ

特集=子どもたちに当たり前の学校を ~教育条件を考える

「みんなのねがい」7月号が完成しました。
特集は「子どもたちに当たり前の学校を~教育条件を考える」
今年に入り、これまで特別支援学校にだけなかった学校設置基準を策定する動きが出てきました。ここに至るまで、長年にわたる当事者・保護者・学校の先生をはじめとする関係者の方々の運動がありました。
そこで今回の特集では、「先生を増やして」「学校をつくって」「過大・過密をなくして」「安心して通える支援学級にして」といったよりよい教育条件を求める運動のとりくみを、各地の保護者・関係者のみなさんに報告していただきました。
すべての子どもたちに当たり前の学びの場を―学び、つながることを大切にしていきたいと思います。

7月号 目次と試し読みへ


◆バックナンバー

みんなのねがい6月号(664)
 特集=自由な時間と働くこと
みんなのねがい5月号(663)
 特集=実践で大切にしたい発達の視点
みんなのねがい4月号(662)
 特集=子どもに学ぶ発達のこと
みんなのねがい3月号(661)
 拡大特集=新型コロナウイルス感染症がもたらしたもの
みんなのねがい2月号(660)
 特集=ねがいをつなぐ ~引き継ぎで大切にしたいこと
みんなのねがい1月号(658)
 特集=みんなの一年目
<2020年>
みんなのねがい12月号(657)
 特集=オンライン授業と子どもたち
みんなのねがい11月号(656)
 特集=うんうんトイレ
みんなのねがい10月号(655)
 特集=語ること/聴くこと
みんなのねがい9月号(654)
 特集=災害と防災
みんなのねがい8月号(653)
 特集=不寛容な社会を乗り越える
みんなのねがい7月号(652)
 緊急特集=新型コロナウイルス感染症の拡大と私たち
 特集=知ろう語ろう 北海道に暮らす仲間たち

それ以前のバックナンバーはこちらへ


◆「みんなのねがい」について
1970年に創刊された「みんなのねがい」には障害のある人やその家族、実践者など、さまざまな人のねがいや希望、ときには、こころの葛藤がつまっています。あなたの生活にそっと寄り添う、やさしくあたたかみのある一冊でありたいと思っています。
「みんなのねがい」編集長 塚田直也

クリックすると2021案内リーフレット


◆「みんなのねがい」購読のススメ
お一人で
個人購読 年間9,400円(税送料含む)
書店やネット注文 1冊 定価715円(本体650円+税65円)
2冊以上まとまると「まとめ購読」。送料無料です。そのほかの全障研出版部の本も送料無料ですぐにお届けします。
書店、セブンイレブンでも
お申込みに必要な雑誌コード番号は「08441」です。
 セブンネットショップ  e-hon(全国書店ネットワーク)
見本誌は無料で送ります。「どんな本か手にとって見てみたい」という人はまず見本誌を出版部にご連絡ください。

お申込・お問合せは全障研出版部
TEL 03-5285-2601  FAX 03ー5285-2603
E-mail  こちらをクリックください


「がんばらない子育て がんばらせない子育て」公開中


「みんなのねがい」Twitter


「みんなのねがい」Instagram