学習会

2021年

6月19日(土)岐阜支部 ゆるカフェ
6月19日(土)19:00~21:00  ZOOM
−心に残る授業−学校の授業について思い出に残っている授業嬉しかった授業、大変だった授業先生も授業作りに悩んでいたり…卒業して数年…青年たちとも一緒に学校のこと、授業のことゆっくりお話できるといいと思います。
申込み=①お名前②所属等 ③メールアドレスを記載して
全障研岐阜支部のメールまで zenshouken_gifu@yahoo.co.jp
主催:岐阜県教職員組合障害児教育部、全国障害者問題研究会岐阜支部           
6月20日(日)愛知支部 2021のびのび講座
2021年 6月20日 (日)13:30~16:20 
Zoomでのオンライン開催
講演=塚田直也「みんなのねがい」編集長
「『みんなのねがい』の編集作業と、自分の発達保障実践を見つめる中で、感じてきたこと」
+グループトーク
資料代=全障研会員500円、一般1000円
主催&問合せ FAX 052-883-8561  E-mail ninnega.aichi@gmail.com            
6月27日(日)教育と保育のための発達診断セミナー(オンライン)
日時=2021年6月27日(日)13:00~16:30
開催方法=Zoomウエビナーによるオンライン開催
内容
はじめに=発達のなかにあるきらめき /白石恵理子さん
第1講=1歳半の質的転換期から2歳へ  自我の芽生えと向き合う 講師:西川由紀子さん(京都華頂大学)
第2講=3、4歳の発達の姿  揺れをくぐって自制心の形成へ 講師:藤野友紀さん(札幌学院大学)
第3講=幼児期から学童期へ 集団的自己の誕生 講師:楠 凡之さん(北九州市立大学)
おわりに=「ラーニングガイド」の活用について/白石正久さん
主催・問合せ=発達保障研究センター・全国障害者問題研究会
詳細情報はこちら
7月3日(土)茨城 学習会
日時=7月3日(土)13:00〜15:00
ZOOMによるオンライン開催
講師=別府 哲(岐阜大学教育学部)
「自閉スペクトラム症児者の心の理解」
申込方法など詳細は以下を参照
http://ibashouken.web.fc2.com/home.html
                  
7月4日(日)兵庫支部 夏の学習会
7月4日 (日)13:30~16:30
会場=神戸市立総合福祉センター(会議室A+B)+オンライン(予定)
講師=白石正久(全障研副委員長・龍谷大学名誉教授)
「障害のある子どもの発達に学ぶ~子どもの心に聴きながら~」
参加費=全障研会員・学生・障害者1000円 非会員2000円
申込方法など詳細は以下を参照
https://www.kokuchpro.com/event/8cfeba369d96da1ca9f9b81e15dcf6a0/
                  
7月16日(金)茨城支部 オンライン学習会
第5回=7月16日(金)19:30〜21:00
報告=森下武宣さん(プレーパークせたがや)
  「子どもを生む権利を奪われた人たち
         −京都の優生保護法・優生手術の実態−」

第6回=8月27日(金)19:00〜20:30
報告=小林秀行さん(特別支援学校教員)
  「障害のある子どもたちとの学びの日々−かかわり方の工夫」(仮)
申込方法など詳細は以下を参照
http://ibashouken.web.fc2.com/home.html
                  
7月17日(土)JDサマーセミナー
7月17日 (土)13:00~16:30
ZOOMウェビナーによるオンライン開催
テーマ=人権と優生思想 やまゆり園事件から5年、私たちに問われること
講演=藤原精吾(弁護士)「人権と優生思想 -障害者権利条約を読み返す」
シンポジウム「人権と優生思想 -私たちはこう考える-」
尾野剛志(津久井やまゆり園事件被害者家族)/酒井七海(HPVワクチン薬害訴訟全国原告団代表)/佐藤路子(優生保護法被害訴訟原告義姉)/宮西君代(JR駅無人化訴訟原告)
コーディネーター=藤井克徳(JD代表)/増田一世(JD常務理事)
参加費=1500円 (学生・障害者 1000円)
申込方法など詳細は以下参照
http://www.jdnet.gr.jp/event/2021/210717.html
                  
8月7日(土)、8日(日)全障研第55回全国大会(静岡2021)オンライン 
8月7日(土)開会全体会=基調報告/記念講演=吉田裕さん(一橋大学名誉教授、東京大空襲・戦災資料センター館長)/文化行事
8月8日(日)分科会/学習講座

詳細案内はこちらへ
9月8日(水) 障害者自立支援法訴訟団オンラインシンポジウム 
9月8日(水)13:30~16:30
オンライン開催(Zoomウェビナー)
自助の強要は人権を脅かす! 国は基本合意を再確認し、骨格提言の実現を
パネルディスカッション=「自助の強要は人権を脅かす」
コーディネーター
 基本合意の完全実現をめざす会 藤井克徳世話人
 自立支援法訴訟弁護団 國府朋江弁護士
●自助・共助と闘って(長野介護保障訴訟元原告)
 長野介護保障事件を通して自助・共助の強要の危険性を考える
 弁護士=藤岡毅(自立支援法弁護団事務局長・長野介護保障訴訟弁護団)
●コロナ禍の中で国から自助を強要される女性労働者
●生活保護生活者への自助圧力(大阪生活保護訴訟原告)
●介護保険優先・65歳問題(千葉・天海訴訟原告)
●総合支援法の見直し(自立支援法訴訟原告)
<参加申込方法>
下記のWebサイトよりお願いします。
https://forms.gle/6qJMDrkQ1T4Sza3Y8
主催=障害者自立支援法違憲訴訟団
連絡先=日本障害者協議会(JD)内 メール office@jdnet.gr.jp